→商品紹介/取扱銘柄トップへ

小玉醸造

杜氏潤平 手造り

1,800ml…3,000円(税別) 720ml…1650円(税別)

紅芋の華やかさと、どっしりとした芋くささの中にもジワリと広がる甘みのバランスが絶妙のバランス。「じっくり少量」がコンセプト。

潤の醇

1,800ml…2,400円(税別) 720ml…1,350円(税別)

麦の香ばしさとほんの少しの甘い香り。ぜひお湯割りで。フッと鼻に抜けてくる麦の香りと口に広がる甘みがとても上品。

おびの蔵から

1,800ml…1,900円(税別) 720ml…950円(税別)

ライトタイプながら大麦の甘みと香ばしさが充分に感じられます。丁寧に造られたのが良く分かる素朴な味わい。しつこくなくスーッと飲めます。

宮の露

1,800ml…2,667円(税別)

しっかりボディとキレのある飲み応え抜群の芋焼酎。小金千貫使用の芋焼酎は数あれど、ここまでの透明感はなかなかお目にかかれない技ありの一本。

定番のお酒

  • 杜氏潤平 手造り(芋)...(1,800ml)3,000円 ...(720ml)1,650円
  • 朝堀り(芋)...(1,800ml)2,100円 ...(720ml)1,050円
  • 潤の醇(麦)...(1,800ml)2,400円 ...(720ml)1,350円
  • おびの蔵から.(麦)...(1,800ml)1,900円 ...(720ml)950円

※全て税別

季節のお酒

  • 夏の潤平 おび蒸留屋黄金まさり(芋)...(1,800ml)2,300円 ...(720ml)1,150円 【夏】
  • 宮の露(芋)...(1,800ml)2,667円 【秋】

※全て税別

小玉醸造合同会社

九州の小京都と呼ばれる宮崎県日南市、飫肥(おび)。かつての飫肥藩城下町の名残りがある街並みに、創業文政元年(1818年)の小玉醸造があります。現杜氏である金丸潤平氏は、東京農業大学で醸造学を学んだのち焼酎蔵と清酒蔵で修業し、技術に磨きをかけました。日本酒の技を応用し一から手作りの麹で焼酎を醸造するなど、その成果は飲めば如実に表れています。味わい深くも透明感があり、非常に丁寧に作られています。